「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   | 体験 | 京都の寺院神社で上質な伝統文化や食の体験を提供する、社寺楽

  • Instagram

感 Feeling

Feeling

「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし  

「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   写真1
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   写真2
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   写真3
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   写真4
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   写真5
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   写真6
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   サムネイル写真1
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   サムネイル写真2
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   サムネイル写真3
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   サムネイル写真4
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   サムネイル写真5
「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし   サムネイル写真6

観世流能楽師 橋本擴三郎
プロフィール
日本能楽会会員・公益社団法人能楽協会所属
1949年3月故橋本仁一郎の三男として生まれる。
父橋本仁一郎の教えを受け、三歳で初舞台、十歳の時に、初シテ(主役)を務める。長兄雅夫・次兄礒道と聲壽会を結成し、演能活動。また、橋本聲吟社を主宰し、京都を代表する能楽師。

 

能シテ方の流派のひとつである観世流の原型は、南北朝時代に大和(現奈良県)で活動していた猿楽芸能の一座・結崎座。その結崎座に所属し、大夫(座を代表する役者)を勤めていた観阿弥清次(13331384)が観世流の初代です。観阿弥は、息子の世阿弥(13641444)とともに京都に進出し時の室町幕府三代将軍足利義満に認められ、その庇護のもと各地に勢力を伸ばします。
都の貴族文化を吸収した観世座の能は、観阿弥、世阿弥父子の手によって芸能としてより洗練され、深みを増しました。観阿弥の後を継ぎ、二世観世大夫となった世阿弥は、夢幻能という独創的なスタイルを確立。また、「風姿花伝」などの画期的な芸能論を著すなど、傑出した才能を発揮しました。能を深遠な人間論と哲学に貫かれた芸術に高めた世阿弥は、芸術史上の巨人として、今では日本のみならず世界からも注目され、仰ぎ見られる存在となっています。
 

体験詳細

体験名

「古典芸能を味わう」観世流能楽師橋本擴三郎 仕舞の鑑賞と能楽のおはなし  

開催時間帯

午前

出張出演料

110,000円

条件など

開始 午前10時 ~ 終了 午前11時  約60分
定員 2 ~ 10 人
(定員についてのご相談はお問合せ下さい)
 

お知らせ

この体験は、午前限定です。

こちらの体験でご利用いただくロケーションを次のページでお選びください。