修行者が語る「忍者、忍術とは何か」 | 体験 | 京都の寺院神社で上質な伝統文化や食の体験を提供する、社寺楽

  • Instagram

感 Feeling

Feeling

修行者が語る「忍者、忍術とは何か」

修行者が語る「忍者、忍術とは何か」 写真1
修行者が語る「忍者、忍術とは何か」 サムネイル写真1

伴家忍之傳研修所主宰
清本泰志



プロフィール
1964年京都市生まれ。16歳より甲賀忍之傳宗師家川上仁一師に師事。平成14年に開設した伴家忍之傳研修所では、現代に応用可能な忍術、ならびに甲賀忍之傳に併伝する如水流神道軍傳、出雲神流平法、神傳不動流馗法、一條不二法強法、阿波賀智傳流鎌術、戸田長門流棒術等々を教伝する。

 

現代社会において甲賀・伊賀流の忍術は、既に絶伝し現存しないとされますが、それは真実ではありません。清本泰志は少年の頃より『甲賀伴黨忍之傳 川上仁一 宗師』に師事し、甲賀・伊賀流忍之傳に併伝される武術を中心とした忍術を、修行者として長年にわたり研鑚し現在に至ります。

元来、忍術とは長年門外不出とされベールに包まれたものでした。しかしその内容は至って合理的且つ科学的で、現代でも応用ができる先人の知恵です。
『忍術』の真の姿を学びながら、日本人とは、その生き方とは何かについて詳しく解説します。

体験詳細

体験名

修行者が語る「忍者、忍術とは何か」

開催時間帯

午後

講演料

92,000円

条件など

開始 午後1時30分 ~ 終了 午後2時30分 約60分
定員 2 ~ 10 人 (定員についてのご相談はお問合せ下さい)

 

こちらの体験でご利用いただくロケーションを次のページでお選びください。